2008年08月15日

東北旅行2008(7)

タイトルは東北旅行ですが、最終日の今日は北陸の福井市から。

まずは、一乗谷にある朝倉氏遺跡を見学です。朝倉義景館跡はその広さに驚かされます。建物が無い平地でも、十分に大きさを感じる敷地ですから、屋敷が建っていた当時の姿を目にすることができたなら、感動ものかもしれないですね。

館跡の向かいには「復原町並」というエリアがあり、庶民の民家、武家屋敷が再現されています。観光客のいないシーンではリアルに見えるんですが、やっぱりこの時期は、現代の衣装を着た観光客が目に付きますからね。まぁ、人のことは言えないですが…(笑)

一乗谷を後にして向かったのは越前市の武生。昼食に越前そばを頂きます。甘めのつゆに大根のしぼり汁が入ったそばです。甘さと辛さで、トータルでは「やや辛い」という感じでしょうか。美味しいそばでした。

当初の予定では武生インターから北陸道・名神で帰阪する予定でしたが、時間が早かったこともあり国道8号線で敦賀、161号線で琵琶湖西岸を南下。結局、高島・近江舞子・大津近辺での渋滞もあって、比叡山麓の山中越えを走った後、河原町通で京都市内を縦断、京都南インターから名神・近畿道で帰ってきました。

7日間での総走行距離は約2100km。ロングドライブでちょっと疲れましたが、楽しい一週間でした。また、出かけたいですね。

2008年08月14日

東北旅行2008(6)



東北旅行も6日目になりました。

郡山駅近くのホテルを出て、向かったのは同じく郡山市内にある桃狩りのできる果樹園、2年前にも訪れた「菅野ファーム」です。

あいにく小雨のぱらつく中での桃狩り開始となったんですが、やや固めで甘い品種の白鳳等、今回は2種類の食べ放題です。残念ながら、楽しみにしていた「あかつき」は発送用の予約がいっぱいで桃狩りに当てられないとのことで、対象外となってしまったんですが、2種類であっても、食べ放題には大満足です。朝食を抜いてやって来たのに、40分もすれば満腹になりましたし(笑)

この桃狩りで、東北での観光もすべて終了。磐梯熱海インターから磐越道に入り、北陸道を西へと走ります。途中、100km近くにわたって、白い"Z"がぴたりと背後に付き、こちらがスピードを速めても遅くしても寄り添ったまま、という気味悪い状態が続いたんですが、"Z"が北陸道から降りたインターで、謎のまま終了。何だったんでしょうね。

米山サービスエリアで昼食を取ったり、何回か休憩をしたりで、夕方に福井北インターへ到着。今晩は福井市内で泊まります。

大阪まで一気に帰るにはしんどいかなぁ、という思いがあって、どこかで泊まろうと計画してたんですが、「じゃぁ、ソースカツ丼かな」と、夕食ネタで福井に決まり。有名な「ヨーロッパ軒 総本店」でソースカツ丼を頂いてきました。

明日は福井近郊での観光の後、大阪へと戻る予定です。1週間の旅も、いよいよラストです。

2008年08月13日

東北旅行2008(5)



東北旅行5日目。

旅行も中盤から終盤にかかりつつありますが、今日は秋保温泉を、さらに奥へと入った秋保大滝の観光から始まります。

滝壷近くには下りず、上の方から眺めるだけにしたんですが、それでも迫力はありましたね。飛沫がかかる場所まで行こうと思うと、結構歩く必要があるようで諦めた次第です。

大滝からは釜房ダム近くを走り、蔵王酪農センターへ。ここ蔵王で育った牛のミルクを使った乳製品が売られています。チーズの試食用にクラッカーも用意されていて、結構頂きました(笑)

チーズを使ったタルトを食した後、ミルクファーム蔵王へ。乳牛が放牧されたエリアがあったり、搾乳体験ができたりする、乳製品の加工場ですね。もちろん、販売もしています。暑い日差しを浴びた後の冷たいソフトクリームがおいしかったです。

白石へと抜けて、昼食に名物の「白石うーめん」を頂きます。その後で白石城を観光です。

白石からは高速道路で福島県の郡山へと向かうんですが、途中、福島飯坂で下り、ちょっと寄り道。寄り道というには距離が長すぎますが、寄った先は、JR峠駅。スノーシェードに覆われた、独特の雰囲気が漂うローカル駅です。それでも山形新幹線が通過するんですよね。通過シーンを楽しんで、峠を後にし、郡山へと向かいました。

2008年08月12日

東北旅行2008(4)



4日目となる今日は、仙台から松島へ。

松島とは言っても、遊覧船の発着する観光地のど真ん中ではなく、海に浮かぶ松島を高台から眺める、大高森という眺望スポットです。

車で登れるのかと思ってたんですが、海辺の駐車場から山道をひたすら歩きます。

苦労があったからこそ、という部分もあるんでしょうが、緑の島は、海によく映えて見えました。

山登りの後は塩竈で昼食。塩竈と言えば、やっぱり新鮮な握り寿司ですよね。ネタの活きる、ちょっと贅沢な寿司を堪能しました。

昼食の次に訪れたのが、JR東日本 新幹線総合車両センター。新幹線車両の整備工場です。予約をすれば、工場見学ができるとあって、東北旅行のスケジュールに組み入れてみました。マニアが多いのかと思えば、さにあらず。ほとんどが子供連れの家族で、大人だけの参加は僕たちだけだったでしょうか…。

夕方に、秋保温泉へと移動。疲れを温泉で落とし、海の幸を楽しみました。冷酒が程よくまわり、気持ち良く眠れそうです。

って、まだ早いか…(笑)。

2008年08月11日

東北旅行2008(3)



旅行3日目。

今日は米沢を出発し、蔵王温泉を経由して蔵王の「お釜」へ。前回、2年前も山形へ来ましたが、蔵王には寄ってないんですよね。この2年間に読んだ小説での魅力に引き寄せられたというのか、ぜひ見てみたい、と。

標高1700mを超える駐車場から歩くこと数分、緑色の水面が目の前に現れます。期待に違わず、いい感じです。標高が高いため、気温も20度前後と低く、坂道を歩いても汗をあまりかかないんですよね。それが、爽やかに感じる理由の一つかもしれません。

蔵王からは仙台へと移動し、青葉城跡へ。有名な伊達政宗公の騎馬像を拝した後は、夕食。仙台といえば…、やっぱり「牛たん」ですよね。って、前回も同じものを食べてるんですけど…。仕方ないです。肉好きですし(笑)

2008年08月10日

東北旅行2008(2)



2日目の今日は、新潟から磐越自動車道を走り、福島県にある大内宿という宿場街へ。茅葺き屋根の建物が並ぶ様子は、時代を超えて心落ち着かせるものがありますね。観光客が多過ぎるのがちょっと何ですが…。

喜多方へと引き返し、昭和59年に廃線となった国鉄日中線熱塩駅の跡を眺めたりしながら、山形県の米沢市へ。米沢といえば…。上杉氏の居城、よりも米沢牛、ですよね、やっぱり(笑)

上杉神社参拝のあと、食べに行ったすき焼きの美味しかったこと。ちょっと贅沢な、晩御飯となりました。

2008年08月09日

東北旅行2008(1)



3年連続で東北を目指して旅行してます。関西人にしては異常な頻度とは思いますが、「行きたくなる何か」があるんでしょうね。美しい風景なのか、美味しい郷土料理なのか…(笑)

去年は列車を乗り継いでの旅行でしたが、今年は車。でも、一泊目は、同じく新潟。しかも、夕食は握り寿司。日本海の新鮮な幸が口の中に広がります。

今日は、ほぼ移動だけで終わりましたが、明日からは観光を中心に楽しんで行きたいと思います。