2009年05月06日

北海道'09(8)



最終日の今日はほぼ終日、船の中です。

昨夜、苫小牧を出たフェリーは、深夜に津軽海峡を横切り、朝起きる頃には秋田県沖を航行してました。

フェリー「はまなす」は、往路に乗った「あかしあ」の姉妹船ですから、船内の構造も目新しさがなく、船室で本を読んだり、お土産をつまんだり…(笑)

昼ご飯を食べた後、大浴場へ。日本海を眺めながらの入浴は開放的で気持ちいいものです。

3時を過ぎると能登半島が見えてきます。戻ってきたー、って感じですね。写真はその能登半島です。

残念ながら空は曇っていて、夕日は見えなかったんですが、天候が悪いわけではなく、比較的穏やかな航行でした。4年前の帰りは揺れが激しくて、ぐったりでしたからね(笑)

敦賀には定刻20時30分に到着。小雨降る中、港に降りました。

そのまま大阪まで走るつもりだったんですが、高速が渋滞してそう、ということで、時間を遅目にした方がいいかなと、敦賀市内で夕食をとりました。

それが良かったのか意味がなかったのか、帰ろうとした時間でも、北陸道は米原にかけて17kmの渋滞。名神も八日市付近が大渋滞のはずですから、京都東インターまで、一般道を走りました。

結果、大阪まで3時間ほどかかりましたが渋滞にいらいらするよりは良かったかな、と思います。



というわけで、最後の最後に予想外の出来事が生じましたが、旅行そのものは順調に、楽しく終えることができました。

明後日からはまた仕事ですが、次なる旅行を楽しみに、頑張りたいですね。

2009年05月05日

北海道'09(7)



夕張観光から一日がスタートです。まずは石炭博物館から。石炭についての知識を得た後、炭鉱について学びます。いかに過酷な労働条件かがわかりますね。

その作業場所である真っ暗な炭鉱内をヘルメットにキャップランプで歩くコースはお勧めです。過酷さは体験できませんが、純粋に楽しめます。

博物館の後は映画『北の零年』のロケセットを見学。有料ですが、映画を見た人には、楽しめると思います。

夕張を離れて、岩見沢市へ。旧・万字線の朝日駅を訪れました。古い駅舎が残り、いい感じです。

その後は、三笠鉄道村へ。本格的な資料館のある立派な施設です。食堂車を使ったレストランで昼ご飯を食べた後は、ひたすら鉄道三昧(笑)

写真はそこにあるディーゼル機関車です。

夕方に出発し、札幌市内でスープカレーを食したあとは、苫小牧へ移動。23時40分発の敦賀行きフェリーに乗り込みました。

出港を見守って一息ついたところです。

ゴールデンウイークの北海道旅行も終わり。明日の敦賀到着後は大阪へと直行する予定です。

2009年05月03日

北海道'09(6)



紋別から、旧・渚滑線沿いにドライブ。旧・上渚滑駅では、交通公園が整備されてホームはあったんですが、これは当時のものではないですね。向きが違いますし…。

旧・北見滝ノ上駅は、駅舎も残り、資料の展示も楽しめました。でも、実は、場所が判らず、滝上郷土館に展示してあった蒸気機関車を先に見つけてしまったんです。鉄道だけでなく、北海道の歴史を学べて楽しかったです。

滝上町からは、国道273号線等を走り、滝川へ。ここで昼食。松尾ジンギスカンの本店で、本場の味を堪能しました(笑)

道央自動車道の砂川SAでお土産の買い物&ソフトクリーム購入。並んで買った生キャラメルソフト、美味しかったです。

高速を三笠で降り、夕張国道を南下。途中、シューパロ湖を眺められる場所で休憩し、夕張駅前にあるホテルマウントレースイにチェックイン。

さすがはエリアNo.1のホテルだけあって、設備や料理は文句無しなんですが、連休中だけあって、騒がしさはどうしようもないですね。そこまでの高級ホテルではないですし…。

ちなみに夕食は、バイキング。山海の幸を堪能しました。やっぱり食べ過ぎた…というのは、お約束ですね(笑)

さて、今日も温泉で体を休めるとしましょうか。



明日は夕張観光の後、三笠周辺で遊び、札幌を経由して、フェリーに乗るべく苫小牧へと向かいます。はや道内での最終日。楽しい時間はあっという間に過ぎて行きますね。

ではまた明日…。(携帯が圏外になるタイミングによっては、更新が難しいかも知れません…)

2009年05月02日

北海道'09(5)



網走を出て、昭和62年に廃止された釧網線沿いにドライブ。

旧・卯原内駅には蒸気機関車と茶色い旧型客車が置かれていて、旧・佐呂間駅には蒸気機関車と郵便車が。

佐呂間にはちょっとした資料館もあったんですが、入口には鍵がかかっていて、なぜか、近所の食堂に声をかけて欲しい、との貼り紙が…。なぜに食堂かはわかりませんが、貴重な展示物を楽しませてもらいました。

丸瀬布に移動し、「森林公園いこいの森」で「雨宮21号」という、走る蒸気機関車を見物。写真はその機関車です。

遠軽に戻り、駅弁の「かにめし」を買って、遠軽の街を一望出来る展望台の公園で頂きました。

その後は上湧別でも駅跡を見学して紋別へ。紋別へ来た目的は、旧の駅…ではなく、カニを食べるため(笑)

紋別でこの時期美味しいというズワイガニと毛ガニをたっぷり堪能しました。

さて、そろそろ温泉に入って疲れを癒しに行きましょうかね。

明日は渚滑線の跡を追ってから、夕張までのドライブの予定です。では、また明日。

2009年05月01日

北海道'09(4)



釧路では、朝から和商市場へ。ご飯片手に色々な店で新鮮な海の幸を少量ずつ買い、丼に仕上げる、名物の勝手丼です。

なんだかんだと贅沢な海鮮丼ですが、釧路に来たら、これですよね。

釧路を出て、厚岸、厚床と走り、根室を過ぎて納沙布岬へ。写真は、そのモニュメントです。

北方領土を目前に、政治・歴史的にも、やや重い空気を感じますが、それも致し方なし、というところでしょうか。

根室へ戻り、初めて口にするエスカロップという料理を頂きました。なにそれ? という方は、ぜひ、根室へ足をお運び下さい(笑)

根室からは、廃線の旧駅を見たりしながら、北上し、網走へ。 日が沈んだ網走は非常に寒く、昨日の暖かさが嘘のようです。吐く息が白いですからね。

明日は、鉄道ネタを織り交ぜながら紋別へと移動予定です。