2009年08月13日

夏旅2009・天地人(6)

朝から熱めの温泉に体を沈めたり、火照った身体を露天風呂の傍で鎮めたり。その後の朝食も美味しかったですね。

宿を出てすぐ近くにある天神山へ。ここは、かつてあった魚津城を眼下にする位置にあり、天正10年(1582年)、織田軍によって包囲された魚津城に援軍を送るべく上杉景勝、直江兼続が陣を敷いた場所でもあります。
今回、上越・会津若松・山形・米沢と歴史の順に巡ってきましたが、そういう意味で魚津は上越と会津若松の間に入るのが妥当なんでしょうが、まぁ、仕方ないですね。
それはともかく、この数日間で各地を巡った中で、これほど、正に「ここ」に上杉景勝・直江兼続がいたんだ、と思わせる場所はなかったですから、最後の最後に感慨深さを感じました。実は、それほど天神山城跡が狭い、ということなんですけどね。

城跡に併設する資料館で当時の資料を見て学んだ後は、大阪へ向けて移動開始です。晴れていれば上杉謙信が攻めた七尾城等にも立ち寄りたかったんですが、雨ですからね。諦めての帰阪です。

魚津からの帰阪途中、お土産を買ったり、遅めのランチを食べたり、で大阪に着いたのは夜の7時前。心配していた大きな渋滞もなく、比較的楽に帰ってきました。

ところで、今回の訪問先で、肝心なところが抜けているんじゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そう、景勝・兼続が幼少期を過ごした魚沼(坂戸)と、直江家の居城があった長岡(与板)です。実は、この2ヶ所は、機会を改めて訪れたいなぁ、と考えているところです。

というわけで、第二弾もお楽しみに(笑)

2009年08月12日

夏旅2009・天地人(5)



米沢で迎えた朝。上杉神社そばの博物館で開かれている天地人博2009を見て来ました。当たり前ながら、上越市で見たのと、歴史的な内容は同じですが、やはり米沢では、上杉家が米沢に移封された後(関ヶ原後)の内容に重みがありましたね。それぞれに面白かったと思います。

続いて林泉寺。春日山から移された歴史等を詳しく聞かせて頂いた後、境内の墓所へ。ここで有名なのは、やはり直江兼続とお船の方の墓でしょう。他には景勝夫人の菊姫等、戦国時代の上杉家に縁のある方々が眠っています。

羽前小松近くの和菓子屋で名物の羊羹を買った後は、日本海側へと移動。途中、道の駅で昼食を取ったくらいで、後はひたすら移動です。開通したばかりの荒川胎内インターから日本海東北道・北陸道を走り、富山県魚津市にある金太郎温泉という名の宿へ。

硫黄泉の白濁した湯に旅の疲れを落とした後は、富山の山海の幸を堪能。刺身に始まり、最後の白エビの釜飯、デザートまで美味しく頂きました。

明日は北陸地方の観光後、大阪へと戻ります。6日間の旅も最終日です。

2009年08月11日

夏旅2009・天地人(4)



白河での朝は、小峰城から。古く南北朝時代からある城で、上杉時代には、南方の要となった城です。もちろん目の前にある城は近年に復元されたもの。真新しくはありますが、やっぱり威厳はありますね。

次に向かったのは、郡山。この時期楽しみな桃狩りです。…が、なんと今年は育ちが早過ぎて、商品としての出荷用の桃の木しか残ってないとのこと。天気が相手ではしかたないですね。

諦めて、再び高速道へ。東北道から山形道に入り、山形市へ。向かったのは、長谷堂古戦場です。関ヶ原で合戦が行われていた頃、この地でも、上杉軍と最上軍の戦いがあったんですね。北の関ヶ原と言われた戦いです。

次に向かったのは、米沢市。まずは上杉家廟所。謙信公、景勝公をはじめ、歴代藩主が祭られてます。今日の写真はここで撮ったものです。

それから少し南へと走り、最上川に設けられた、いわゆる直江石堤へ。400年近く前に直江兼続の働きで整備された堤が目の前にある、というのはなかなか感慨深いものがありますね。

で、今日の歴史巡りは終わり。夕食はやっぱりこれ。米沢といえば、米沢牛ですよね(笑)

すき焼きの美味しいお店で、贅沢な時間を過ごしてきました。やっぱり美味しいですね。何度来ても、また来たくなる街です。

明日は米沢市内の観光の後、長距離の移動となります。この旅行も終盤です。

2009年08月10日

夏旅2009・天地人(3)



新潟を朝に出発。磐越道で会津若松へ。

混雑する市内を走り、鶴ヶ城に。さすがは有名なお城ですね、観光客でいっぱいです。

実は数年前にも訪れているんですが、その時は上杉家との関係はほとんど気にしてなかったんです。まぁ、会津に構えていた期間はわずかに2年ほどですからね。鶴ヶ城の歴史からすれば短いものです。

天守閣からの眺めを楽しんだ後、昼食のために移動。行く予定だったお店が閉まってました。というか廃業ですね。蕎麦を楽しみにしてたんですが…。

昼食を諦め、鶴ヶ城の西にある神指城跡へ。ここは上杉時代に鶴ヶ城に代わる城として建築が開始されたものの、完成を待たずに中止された城です。はっきりと遺跡が残っているわけではなく、その地に立って思いを馳せる、という感じですかね。

会津を離れ、白河へ。おこわの美味しいお店で夕食。普段食べない料理でもあり、とても美味しかったです。

新白河駅近くの宿で今日の行程も終わりです。明日は山形へ。いよいよ北の関ヶ原、古戦場へと向かいます。

夏旅2009・天地人(2)



今日は上越市内のホテルから。

漢方薬を浸したという、珍しい薬湯に身体を沈め、朝から快調!と行きたかったんですが、何だか妙な湯です。漢方成分で身体がひりひりしますし。何かが効いてるらしいんですが…(笑)

朝食後、越後上越天地人博へ。歴史の復習と、大河ドラマ収録の舞台裏を覗けて、面白かったですね。観光客が多くて、落ち着けなかったのは残念ですが。

次に向かったのは林泉寺。謙信公の眠る寺です。ここから、春日山へと行きたかったんですが、朝からあいにくの雨。山道を登るのは諦めて、北陸道を走り新津へ。ここに鉄道資料館があるんです(笑)

30分ほど別の趣味を楽しんだんですけど、全然時間が足りず、再訪を誓って夕刻の新潟へ。

駅近くのホテルに荷物を投げ出し、まずは夕食。お気に入りのお寿司です。毎回別のお店で頂いてるんですが、今回のも近海のネタで美味しかったです。地酒も進みますね。

食後は街中を散歩。ちょうど新潟まつりのハイライト、花火大会が催されていて、河原から花火を楽しみました。偶然だっただけに、かなり感動です。

明日は磐越道を東へ走り、会津若松へ。雨が気になりますが、楽しみです。

2009年08月08日

夏旅2009・天地人(1)



今年の夏休みの旅行は、公表の通り、新潟〜南東北へ。

今日は上越市まで。例年、初日は新潟市内まで走りますので、それよりも130kmほど短い上越までなら余裕だろう、と思ってたんですが、さにあらず。

大阪を出るとすぐに大渋滞。自宅を出てから3時間経っても、ようやく滋賀県に入ったところ。さすがにここまでの渋滞は久しぶりですね。

まぁ、米原を過ぎて北陸道に入ってからは順調で、小矢部川SAでランチを食べた他は長い休憩も取らず、夕方5時前に直江津に到着。

宿に荷物を置き、少しだけ観光へ。上杉家世継ぎ問題の舞台となった御館の跡。今は公園となってます。

直江津駅近くの食事処で夕食。地物の魚介をメインに色々頂きました。キンキの塩焼きは身がとても柔らかく、すごく美味しかったですね。

というわけで、初日は終わり。明日は春日山周辺の観光の後、新潟市内へと向かう予定です。