2009年09月20日

天地人・2009秋(2)



柏崎から北陸道で長岡へ。赤飯の美味しい和菓子屋があるとのことで、朝食にしようかと。販売は9時からなんですが、喫茶コーナーは10時から。待つことしばし。…でも、赤飯等の食事メニューは11時からなんだとか。ということで、朝ご飯は、団子とあんみつに…(笑)

長岡から与板へ。ここは直江兼続が城主を務めた与板城跡があります。山城ですが20分ほど登ると本丸に辿り着きます。整備された道で歩きやすかったですね。

与板歴史民俗資料館では兼続に関する資料がたくさん。でも、一番の目玉は庭に立つ兼続の像ですかね。

長岡から関越道で塩沢へ。雲洞庵に行く、と見せかけて、入ったのは米屋さん。ちょうど魚沼産コシヒカリの新米が出る時期ですからね。

六日町に戻り、銭淵公園へ。景勝の父、長尾政景が溺死したと言われる池です。今では、市民の憩いの公園になってますね。

ここから数分のところにある坂戸城という名の宿が今夜の宿泊地です。温泉が疲れを落としてくれたのはもちろんのことですが、面白かったのは、夕食ですね。上杉軍が戦の前に振る舞ったと伝えられる「お発ち飯」を頂きました。かなり豪勢でしたし、地酒「八海山」も美味しくて、満腹・大満足です。

というわけで二日目も終わり。明日は坂戸周辺の観光の後、大阪へと戻ります。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(CAVALIER? Blog にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form