2010年01月10日

冬のグルメ旅(2)



二日目の朝は、間人の宿を後にし、丹後半島を海岸沿いに時計回りにドライブ。伊根では、高台にある道の駅から舟屋の集まる伊根らしい景観を眺め、その後は、左手に天橋立を垣間見ながら、安蘇海をくるりと半周。

ところが、天橋立駅に近付くにつれて、大渋滞。まぁ、日本三景の一つですしね…。と思ってたんですが、なんと今日は智恩寺の「文殊堂十日えびす」。三連休での観光客と、地元の参拝客とで、車が動きません。。

ともかくも、駐車場に滑り込み、さっそく智恩寺に参拝。

って、なんで智恩寺の表の山門を越えて、土産物店が連なる門前まで、参拝の列が伸びてるの…!?

さすがは十日えびすですね。初詣を兼ねた参拝後、天橋立公園を散策。そのあと、廻旋橋がくるりと回るシーンを見学し、土産物街の勘七茶屋で「智恵の餅」を購入。もっともこれも30分近く並んでまして、今日は何かと「待つ」日です。

天橋立から舞鶴へ移動。東舞鶴で、赤れんが博物館へ。煉瓦マニアでもないですし、建築関係に詳しいわけでもないですけど、意外と楽しめました。実は、入館の目的のひとつは、「焼きれんが」というケーキをお土産に買うため、だったりします(笑)

夕方になり、舞鶴名物の「舞鶴かき丼」を頂ける料理屋に。牡蠣の入った丼で、これだけを食べるために入ったつもりが、地鶏の焼鳥や、へしこ焼きなど、地の物をたくさん頂きました。もちろん、飲むのはノンアルコールビール。飲みたかったですけどね(笑)

舞鶴東インターから帰宅の途に。宝塚付近の渋滞の影響もほとんどなく、2時間半ほどで大阪へと戻ってきました。

昨日の書き込みで、鉄道ネタを…、とのことでしたが、実は天橋立で時間を費やし過ぎて、時間切れ。舞鶴は面白そうなところなので、また、近いうちに訪れたいと思ってます。

2010年01月09日

冬のグルメ旅(1)



成人の日の三連休に、1泊2日で冬の味覚を満喫する旅に出るのも何回目になるでしょうか。

今回は丹後半島のとある宿で蟹を頂きに。やっぱり冬はカニですよね。

朝はゆっくりと9時過ぎに大阪を出発し、舞鶴若狭道の福知山インターから与謝野町へ。ここにかつて加悦鉄道が走っていて、その駅舎や車輌が残ってるんですね。

加悦SL広場と名付けられた施設には、明治時代に製造された客車やSLがいくつも展示されていて、しかも、気軽に手を触れたり、車輌の中に入れたりと、かなり楽しめます。場所が場所なだけに客が少なかったのは寂しいですが、その分ゆっくり楽しめました。

広場の近くにある旧加悦駅舎に寄った後、天橋立を山の上から眺めようと大内峠一字観公園に…。でも余りに雪深くて断念。いくらスタッドレスでもねぇ、という雪でした。

次に向かうは本日の宿泊地、間人(たいざ)。宿に着くなり温泉へ。日常の疲れをしっかり落とてきました。

夕食はもちろん蟹。といっても超高級な間人蟹ではないんですけどね。…というか、余りに高くて手が出ません(笑)

しっかり食べて、しっかり飲んで。十分に冬の味覚を堪能しました。

明日は天橋立を経由して舞鶴へ。鉄道ネタも続きます(笑)

2010年01月01日

おめでとうございます。

2010年。新年を迎えました。
21世紀という、未来的な感覚で迎えた今世紀も、はや10年目。平成も22年ですからね。
平成生まれの大卒社会人が働き出すのも、もう目前です。

そういうことで驚くのは昭和人の頭が抜け切れてないからなのかもしれないですが、今年も何か、新たな事には取り組みたいな、と感じています。
何をするかは決めてませんが…。

一年の計は元旦にあり。
この短い休みの間に、何か、考えてみたいなと思います。

というわけで、何か新たなイベントを考えるかもしれませんが、皆様にはお付き合いのほど、よろしくお願いします。