2010年03月22日

北陸温泉旅(2)


朝風呂、和食のバイキングと温泉宿の朝を満喫して出発です。
残念ながら、非常に天候が悪いんです。とはいいつつも、特に屋外で観光をするわけでもないんですけどね。

山道を下り、朝日インターから北陸道で富山方面へ。途中、いくつかのサービスエリアで土産物を買いながら、3時間ほどで福井北インターへ。朝ご飯に満足したあと、身体を動かすことなく、はや昼ご飯です(笑)

福井のご飯といえば…。美味しいものはいろいろあるんですが、やっぱりソースカツ丼かな、と。面白そうなお店を見つけたんですね。で、この写真。ソースカツ丼(大盛り)。並みで十分だったのかも知れませんが…。カツが4枚重なって、蓋も閉まりません。浮き上がってますし。
朝から間がないので、食べ切れるかなぁ、なんて思ったりもしたんですが、結局はすんなりと胃に収まりました。ただ、摂取カロリーは恐ろしいことになりそうですけどね。美味しかったので、そのあたりは目をつぶっておきます。

なんて言いつつ、福井市内で羽二重餅や冬季限定の水ようかんをお土産に買ったあと、向かったのは越前市(武生)にあるカフェ。タルトの美味しいお店です。甘いものは別腹なんですよね。コーヒーを頂きながら、完食です(笑)

武生から、ガソリンスタンドを探しながら一般道を敦賀へと走り、そこから北陸道へと入りました。米原で名神にかけて渋滞があったくらいで、順調に草津へ。パーキングエリアで休憩の後、瀬田東から京滋バイパスに。渋滞もなく久御山JCTから第二京阪道へと入ります。枚方東を過ぎれば、そこから先は、昨日開通したばかりの道路となります。真新しいアスファルトの上を、非常に快適に門真まで走ることができました。瀬田東から門真まで、ゆっくり走って45分。吹田経由では、瀬田西から京都東にかけて13kmの渋滞という案内も出てましたし、この驚異的な快適さは恐るべしです。昨日の朝に開通していれば…、と思いますね。

1泊2日で850kmと、長距離の移動となりましたが、美味しい食べ物に温泉にと、心身ともに休まった楽しい旅行となりました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(CAVALIER? Blog にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form