2011年09月19日

秋の味覚旅・信州(2)

110918-1.jpg
白馬で迎えた二日目の朝は、曇り。ゴールデンウィーク中にも白馬で1泊したんですが、このときは朝から雨でしたから、まずまずの天候です。とはいえ、朝に北アルプスの眺望を期待してましたから、またしても残念な結果なんですけどね。これは、またの機会にお預け、としておきます。

朝食後、宿の付近を散策したのちに向かったのは大町市の蕎麦畑。今回の旅行の主目的でもあるんですが、NHKの朝ドラ「おひさま」のロケ地となった畑です。
あえて9月に信州にやって来たのは、一面に広がるソバの白い花を見たかったから、なんですが、この畑はかろうじて白さは残るものの、ピークは過ぎているといった感じですね。花をよく見ると、多くの花弁が落ちていて、ソバの実が姿を見せています。こうして美味しい蕎麦の実が出来るのですから結構なことなんですが、やっぱり、一面真っ白な畑は見てみたかったですね。こちらも、来年以降にリベンジ、というところでしょうか。

蕎麦畑の後は、蕎麦を食べる、という予定にしていたんですが、朝食がバイキングスタイルだったこともあり、12時前になっても昼食という気にはなれず、向かったのは大町エネルギー博物館。ダムの町でもあり、発電を中心とした電気関連の説明が充実しています。動く展示物がたくさんあって、結構楽しめました。
そこで得た知識をもって向かったのは、大町ダム。近づくと巨大な建造物が迫って見えます。高さ107mですから、かなりの迫力です。ダムの上から、下流側の高瀬川や龍神湖(ダム湖)側の眺めを楽しんで、大町の中心部へと戻ります。

が、博物館とダムとで遊びすぎたこともあって、蕎麦屋さんが閉まってたんですね。期待していたお店も予約客のみとのことで、ひとまず安曇野へと走らせます。ここでも、何軒かを回ってみたものの、準備中となっている店が多く、営業中のお店も、1時間待ちとか…。浜松のうなぎは1時間待てたんですが、蕎麦はねぇ…。ということで、蕎麦はあきらめて、大王わさび農園へ。

こちらもGWからの再訪です。お目当ては、わさびコロッケとお土産の購入。
朝ドラ「おひさま」のロケセットがあることも手伝ってか、かなりの賑わいです。わさびコロッケとわさびソフトクリームを頂いて、空腹はひとまず解消。どちらも、さほどツンと来ることはなく、美味しく頂けました。

農園からの帰りに農産物も扱う安曇野スイス村に立ち寄って、今回の旅行の全行程が終了。豊科インターから大阪へと戻ります。
途中、駒ヶ岳SAで夕食を取り、他にも何度か休憩をはさみました。出発の時間が遅かったこともあって、中央道・土岐や名神・竜王での渋滞も解消済みで、かなりスムーズに帰宅できました。それでも、安曇野から休憩込みで6時間以上かかってるんですけどね。

わずか1泊2日の旅行でしたが、今回も十分に楽しめました。
北アルプスの山々が美しい姿を見せてくれるまで、何度でも訪れたいですね。

2011年09月17日

秋の味覚旅・信州(1)

20110917_210406.jpg
この秋最初の三連休。やっぱりドライブへと出かけました。
美味しいものが出回るこの季節、最近、お気に入りとなっている信州へと向かいます。

朝早めに大阪を出発しようと考えていたのに、仕事の都合で前日の帰宅がかなり遅くなり、結局のところ、大阪を出たのが9時半過ぎ。
そのおかげか、大きな渋滞にも巻き込まれず、順調に北陸道へと入りました。
今回の信州は、新潟県の糸魚川から南下して白馬からのスタート。
で、ストレートに白馬に向かっても、天候が良くないとのことなので、北アルプスの眺望も期待できないんで、富山県内で寄り道。
小矢部川から能越道へと入り、高岡へ。

高岡インターを降りてすぐのところにある道の駅で、ちょっと休憩。
高岡の名物となっている大仏コロッケを頂きました。
味は普通のコロッケなんですが、大きさは大仏の名の通り、かなりのビッグサイズです。
揚げ物ということもあり、お腹も膨れました。

道の駅から走ること数分、有名な瑞龍寺に到着。
広い境内には、重要文化財や国宝の建物がずらりと並び、見応えがあります。
建物の価値はともかく、仏様や位牌を前に正座をして、心が落ち着くのは、やっぱり日本人なんだな、と思いますね。

一般道を走り、小杉インターから再び北陸道へ。
糸魚川からは国道を白馬へと走ります。
夕方6時頃、宿に到着。温泉で身体を伸ばし、日頃の疲れを落としたあと、
信州の地酒を片手に、信州の地物で作られた美味しい夕食を頂きました。
もう、満腹で動けません…。

心配していた雨も、今夜中には収まるらしく、明日は観光を楽しめそうですね。
では、また明日。