2012年01月09日

冬の温泉&カニ旅行(2)

朝が明けたばかりの久美浜湾を望みながら、露天風呂でゆったり。
いい一日の始まりです。
朝食は広間で頂いたんですが、こちらも昨晩同様、豪勢です。セコガニの半身が浮かぶ味噌汁には圧倒されます。おかげで、ご飯もお代り2回ですから(笑)

出発までの時間ものんびり過ごさせてもらいました。
というのも、今日は特に刊行の予定はなく、道の駅なんかに寄り道しながら帰阪だけの予定なんです。

昨晩食べきれなかったカニを発泡スチロールのケースで頂いて、宿のご主人の暖かな見送りを受けての旅立ちとなりました。
久美浜湾に沿って走り、府県境を越えて豊岡市内へ。
そこから、まずは道の駅やぶ温泉但馬楽座へ。
続いて朝来市の「但馬のまほろば」へと向かいます。
ここは立地が少し変わっていて、北近畿豊岡自動車道のPAとして利用されるんですが、一般道からも入ることが出来るんですね。で、一般道側から入ろうとした、その直前、ここから入ると自動車道へは入れないことに気付いたんです。
自動車道といっても無料なんで、スマートIC的な扱いがあるんじゃないかと思ってたんですけどね。
で、道の駅への立ち寄り後は自動車道で東へ行く予定なんで、一般道からの訪問は諦め、一旦和田山に戻ってから、再び自動車道で向かいました。
ここは、5年ほど前に出来た、比較的新しい道の駅で、地場の野菜からお土産物まで豊富に揃ってます。ということで、色々と買いすぎました(笑)

自動車道の有料道路部(遠阪トンネル)を越え、一気に春日インターへ。
このすぐわきにある「丹波おばあちゃんの里」へ。
遠阪トンネルを越えることで但馬から丹波へと移動してたんですが、それもあってか、土産物も黒豆を使ったものがいっぱいあります。
こちらでも、お土産をたくさん買い込んで、舞鶴若狭道へと入りました。
時間が1時過ぎと早かったこともあって、この道も、吉川から続く中国道も、ほとんど渋滞は無く、スムーズに帰阪出来ました。

美味しいカニと温泉と。やっぱり、冬の旅はいいですね。
また来年も、訪れたいと思います。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(CAVALIER? Blog にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form