2012年05月05日

ゴールデンウィーク 2012(3)

弘前のホテルで朝食を頂いたあと、フロントに荷物を預け、弘前公園へ。
昨晩にも訪れてますが、ライトアップと自然光の違いか、はたまた昨晩からの風雨の影響か、さらに桜色が減り、緑が増えてます。

それでもシダレザクラは、ちょうど満開で、部分的に見れば、一面が桜色に染まる場面もあり、まだまだ桜の見頃は終わってないですね。
とはいえ、ソメイヨシノが咲き乱れる景色は、そのうちに見てみたいと思いますし、いつかは再訪したいですね。

弘前城から少し歩き、青森銀行記念館へ。明治37年に建てられたという建物は、当時の雰囲気をそのままに残していて、非常に趣があります。
通り道で、ちょっと気になる建物だったんで寄ってみただけなんですが、中にも入れて良かったです。

弘前の駅までバスに乗り、ここから、リゾートしらかみで新青森まで移動します。
簡易個室のシートだったんですが、本日満席とのことで、相部屋となったために
なんだか落ち着けなかったのは、残念ですね。
それでも車内でイカメンチ揚げを食したんですけどね。いい匂いを放ちながら(笑)

新青森駅では、入場券を購入して新幹線ホームでE5系はやてを見送り、そのあとで昼食。
黒石名物のつゆ焼きそばを頂きました。

青森に戻り、最後のお土産と、今夜の弁当を買って、再び青森駅へ。
16時21分発の寝台特急日本海へと乗車しました。

秋田県に入ってから駅弁の包みを開け、夕焼けを眺めながら頂きました。
19時37分に秋田駅を出発し、現在、羽越本線を南下中。

大阪に着くのは明朝10時27分。
まだまだ夜汽車の旅は続きます。

ゴールデンウィーク 2012(2)

20120504_235729.jpg
函館の朝といえば、やっぱり朝市。
バスで駅まで行き、朝市では、お目当ての食堂へ。
ウニやイクラがふんだんに乗った海鮮丼を、イカソーメンとともに楽しみました。

朝食のあとは、五稜郭。
タワーに昇って、足元で星形に広がる眺めをカメラに納め、同時に幕末の史実の勉強です。
タワーから見る函館山頂は雲に隠れ、逆からの眺めは期待できないため、山への登頂の計画はご破算し、スケジュール変更。
行列のできるラーメン店で塩ラーメンを頂きました。
やっぱり函館は塩。激戦区だけに、美味しかったですね。

市電で函館駅に戻って、少しだけぶらぶらし、新青森行きの特急スーパー白鳥で青森へ。
青函トンネルを経て、約2時間で到着です。
青森からは、寝台特急あけぼのに乗車。といっても上野に行くわけではなく、座席としての利用だけで、弘前で下車です。

ホテルに荷物を置いて、郷土料理のお店で津軽の味覚を堪能したあと、弘前公園へ。
ここ数日の強風で、満開だった桜がほとんど散ってしまう、という残念な結果だったんですが、しかたないですね。
明日、明るい時間帯に再び訪れる予定です。
夜とは違う眺めが楽しめることを期待してます。

というわけで、今日の行動もおしまいです。

2012年05月03日

ゴールデンウィーク 2012(1)

今年のゴールデンウィーク。例年と違い、通しでの休みはなく、というよりも、本当に休めるのか、というところから始まりました。でもまぁなんとか、というのか、強引にというのか、5月3日の朝を関西国際空港で迎えることができました。

そんなわけで、今年のGWは後半の4日しかなく、時間的な制約から、珍しく飛行機を使った次第です。
で、搭乗したのは、peachの101便、新千歳空港行きです。
格安航空ならではの違いを楽しみ、2時間弱のフライトを終えて、北海道へ。

千歳でレンタカーを借りて、道央道を函館方面へ。
伊達で一般道に降りて、昭和新山へと向かいます。
天気予報通り、天候が悪化してきており、予定していた有珠山ロープウェーが運休とのこと。
実は、これに限らず、今回の旅行は、いろんなところで、悪天候による残念な結果がつきまとってたんです。

ともかく、有珠山山頂はあきらめ、過去の噴火による被災状態を残す遺構を見学したり、ビジターセンターを訪れたりした後に、JRの特急、スーパー北斗で函館入りです。

風雨はかなり最悪に近い状態となっており、バスで登った函館山頂は、傘すらさせなく、当然、夜景など楽しめるはずもなく、かなり残念な夜となりました。
おまけに、最新のガイドブックで目星をつけていた洋食屋は閉店しているわで、かなり、ブルーです。
まぁ、代わりに入った地ビールを出す店が、ほどほどに美味しかったので、救われました。

タクシーで湯の川温泉に向かい、宿で温泉に浸かれば、同日のマイナス分は、水に流してもいいのかな、と思えますけどね。

明日も、天候が悪いようですけど、十分に楽しみたいですね。
※夜景が撮れなかったので、写真はナシです。。